不動産屋選びは根気よく

彼と一緒に住もうと引っ越し屋さんを何軒か回り、気に入った物件がの内覧などをしていました。引っ越しの時期も過ぎていたので、あまり物件は出てきませんでしたが、なかなか空かない物件がたまたま携帯を見ていたら出てきて、すぐに内覧はできませんでしたが、申し込みをしました。しかし、その後に新築の物件が出てきてやっぱりこっちがいいなあと不動産屋さんに尋ねると、この物件は今日内覧に行ってる方がいてそこで決まってしまったら無理だとのことでした。しかし、どうしても気に入ってしまったので、その内覧が終わっての結果の連絡がほしいとお願いしました。夕方になってやっと連絡がきて、管理会社に確認したらもう決まってしまったみたいですと言われました。残念だなーと思っていると彼がその物件の管理会社の不動産屋を調べてすぐに電話をかけると、気に入った物件がまだ空いているとのことで、すぐに内覧にも行けると案内されて内覧に行ってみることにしました。やっぱり新築の物件は綺麗で即日で申し込みをしました。今日何軒か内覧はあったのか聞いてみると、今日は一件もなかったと教えてくれました。よく考えてみると、先に申し込んでいた物件は、申し込んだ不動産屋が管理をしていて、新築の方は別の不動産屋の管理にあって、先に申し込んだ不動産屋が新築の物件の空き状況を聞いたときに、もう決まったと嘘をついていたのかなと思いました。お互いに自分の会社が管理している物件を契約させたいですもんね。

強気な引越し業者には強気な態度で応戦!

大手の引越し業者の熾烈な戦いに巻き込まれてうんざりしました。引越し比較サイトから見積もりの申し込みをすると、特典がありお得な気がして軽い気持ちで登録しました。子どもを寝かせた後で情報収集するのでもう夜中です。送信1分後から電話が鳴りやみません。出るとハイテンションな引越し業者から、矢継ぎ早に訪問予定の日取りを約束させられ、やっと電話を切るとまた電話・・。翌日もその翌日も昼夜問わずの電話に発狂しそうになりました。そういうものだと今はわかりますが、時間帯も考えずに我先にとかけ続けるような業者は冷静に考えると嫌ですね。訪問見積もりに来たら来たで、他の業者は何と言ったか、いくらを提示したかを聞き出そうとし、今言ってくれたらそれより安くしますと、駆け引きをされます。とにかく帰ってもらっても、電話に出るまでどうなったのか、他の業者はどう言っているかと続き、引越し前からうんざりしました。結局一番スマートでソフトに対応してくれた担当の業者に決め、こちらからもう一声の値段交渉をし、エアコン設置の無料を約束してもらいました。他の業者をけなしたりする担当もおり、なんだか汚い業界だというイメージまでついてしまいましたが、そこまで土足でずかずかと入ってくるならば、こちらもそれなりに開き直って要望を言えるというふうに良いほうに考えて、無理そうなこともお願いしてみてもいいかも知れません。案外想定内で受けてくれることもたくさんあるんだろうと今では思っています。