不動産屋選びは根気よく

彼と一緒に住もうと引っ越し屋さんを何軒か回り、気に入った物件がの内覧などをしていました。引っ越しの時期も過ぎていたので、あまり物件は出てきませんでしたが、なかなか空かない物件がたまたま携帯を見ていたら出てきて、すぐに内覧はできませんでしたが、申し込みをしました。しかし、その後に新築の物件が出てきてやっぱりこっちがいいなあと不動産屋さんに尋ねると、この物件は今日内覧に行ってる方がいてそこで決まってしまったら無理だとのことでした。しかし、どうしても気に入ってしまったので、その内覧が終わっての結果の連絡がほしいとお願いしました。夕方になってやっと連絡がきて、管理会社に確認したらもう決まってしまったみたいですと言われました。残念だなーと思っていると彼がその物件の管理会社の不動産屋を調べてすぐに電話をかけると、気に入った物件がまだ空いているとのことで、すぐに内覧にも行けると案内されて内覧に行ってみることにしました。やっぱり新築の物件は綺麗で即日で申し込みをしました。今日何軒か内覧はあったのか聞いてみると、今日は一件もなかったと教えてくれました。よく考えてみると、先に申し込んでいた物件は、申し込んだ不動産屋が管理をしていて、新築の方は別の不動産屋の管理にあって、先に申し込んだ不動産屋が新築の物件の空き状況を聞いたときに、もう決まったと嘘をついていたのかなと思いました。お互いに自分の会社が管理している物件を契約させたいですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です