引っ越しのときに見落としがちな条件

私が初めて一人暮らしをしたのは、大学3年生の頃。実は、家賃は両親に払ってもらいましたが、それ以外(光熱費、食費など)を自分で支払っていました!お金がない大学生にはきつかったです(笑)今回は、一人暮らし用の賃貸で見落としがちな条件についてお伝えしていきます。
私が住んでいたのは九州地方。大学の近くは安い物件もありますが、訳ありな物件あるのです。例えば、標高、見てますか?地域によっては坂の上にマンションが建っている地域もあります。家賃が安くて、大学からも近いと思って、不動産HPから内見予約をしましたが、かかってきた電話で「原付はお持ちですか?」と聞かれました。原付がないと行き返りが大変な地域もあります。自転車を押して家に帰らなければならなくなってしまいますので、家賃が安くても注意しましょう。
また、一人暮らしですと、節約のために自炊をされる方も多いのではないでしょうか。スーパーが近くにあればより良いと思いますが、それよりも見落としがちなのが、ガスの種類。都市ガスとプロパンガス、どちらもある地域では、できるだけ、都市ガスを選ぶようにしてください。というのも、プロパンガスは同じ量を使っても、都市ガスよりも約2倍高くなってしまうのです。ということは、料理をすればするほど、ガス代がかかってしまいますよね。できるだけ光熱費を節約するためにも、都市ガス物件を選びましょう。
南向き、バストイレ別といった条件はみなさんこだわられるところかと思いますが、①通学するのに大変な立地ではないか②ガスは何を使用しているかについても考えてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です