養豚場アパート~豚と共に~

家族が増えたため、今までと同じ間取り(2LDK)で少しでも家賃が低い所に引っ越そうと考え急いで賃貸契約したのが間違いでした・・。
確かに家賃は安く、周りには何もないような田舎だったので、とても静かで立地条件は完ぺきでした。ただ1つ、アパートの真後ろに養豚場があることを除けば・・。
今まで住んでいたアパートは2LDKで7万円ちょいだったのに対し、新しいアパートは築3年ほどで2LDKで5万円台でした。
アパートを実際に見に行った時には風向きもあってか、あまり養豚場のにおいは気にならず、早く引っ越したいという気持ちと、不動屋(大東建託)の猛プッシュに負けて契約してしまいました。
実際に引っ越しして、自分も養豚の一員なんじゃないかと思うほどの強烈な臭いにノックダウンでした。多分アパートの周囲1km~2kmぐらいには臭いが届いていたと思います。豚には罪はない。それはわかっているのです。しかし耐えられないほどの激臭。
洗濯物にも臭いが移ってしまうので、外には絶対に干せないし、換気の為に窓を開けることすらできませんでした。さらに、田舎ということ+豚がいるということで、虫が多いこと!蜘蛛とは同居状態。玄関に蜘蛛の巣が張るのは日課。蜘蛛の巣ジェットを何本使ったか・・。玄関を開けるとほぼ毎日ゲジゲジさんがこんにちは。正直1週間住んだだけでも気が滅入りそうでした。しかし、契約したばかりということですぐに引っ越すわけにもいかず、臭いと虫に耐えて過ごしていました。
しかし1か月ほどたっても慣れず、私も主人ももう限界で、引っ越しを決意しました。
今度は違う不動産屋さん(ニッショー)に頼むことにし、早々と退去の申し込みをして新しい物件を探し引っ越すことにしました。
結局住んだのは1カ月ほどで、敷金礼金も無駄に払ったことになるのですが、それでもここから脱出できるなら!という一心でした。家賃が低いのには何らかの訳がある・・今回のことで大変勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です