養豚場アパート~豚と共に~

家族が増えたため、今までと同じ間取り(2LDK)で少しでも家賃が低い所に引っ越そうと考え急いで賃貸契約したのが間違いでした・・。
確かに家賃は安く、周りには何もないような田舎だったので、とても静かで立地条件は完ぺきでした。ただ1つ、アパートの真後ろに養豚場があることを除けば・・。
今まで住んでいたアパートは2LDKで7万円ちょいだったのに対し、新しいアパートは築3年ほどで2LDKで5万円台でした。
アパートを実際に見に行った時には風向きもあってか、あまり養豚場のにおいは気にならず、早く引っ越したいという気持ちと、不動屋(大東建託)の猛プッシュに負けて契約してしまいました。
実際に引っ越しして、自分も養豚の一員なんじゃないかと思うほどの強烈な臭いにノックダウンでした。多分アパートの周囲1km~2kmぐらいには臭いが届いていたと思います。豚には罪はない。それはわかっているのです。しかし耐えられないほどの激臭。
洗濯物にも臭いが移ってしまうので、外には絶対に干せないし、換気の為に窓を開けることすらできませんでした。さらに、田舎ということ+豚がいるということで、虫が多いこと!蜘蛛とは同居状態。玄関に蜘蛛の巣が張るのは日課。蜘蛛の巣ジェットを何本使ったか・・。玄関を開けるとほぼ毎日ゲジゲジさんがこんにちは。正直1週間住んだだけでも気が滅入りそうでした。しかし、契約したばかりということですぐに引っ越すわけにもいかず、臭いと虫に耐えて過ごしていました。
しかし1か月ほどたっても慣れず、私も主人ももう限界で、引っ越しを決意しました。
今度は違う不動産屋さん(ニッショー)に頼むことにし、早々と退去の申し込みをして新しい物件を探し引っ越すことにしました。
結局住んだのは1カ月ほどで、敷金礼金も無駄に払ったことになるのですが、それでもここから脱出できるなら!という一心でした。家賃が低いのには何らかの訳がある・・今回のことで大変勉強になりました。

気持ち良くマイホームをゲット!

数年前に1戸建てを購入した時の体験談です。会社の社宅の居住期限が残り1年を迎えたため、初めは便利を1番に考え(駅に近いなど)マンションの購入を考えておりました。

ある日、1度行ってみたかった住宅展示場に家族で行き、主人がやはり1戸建てを建てたい!と希望し、その日から土地探しから家が建つまで毎週末業者さんとの接見が続きました。土地勘がなかった為、土地探しは決まりかけては辞めての繰り返しを数回続け、諦めたころにポッと出てきたばかりの土地を家族全員直感で気に入り決めました。土地が決まればあとは設計士さんと打ち合わせしてどのような家を建てるかですが、もちろん素人の私達ですから普通だと流れであれよあれよという間に建ちましたというのが流れなのでしょうが、それだと結果予定より予算が大幅にオーバーしました(涙)という結果が多いようです。(ネットで家を建てる際の失敗談などを調べました)
私は土地探しを始める際に、主人にだいたいの予算を聞き、業者さんに土地探しと同時に、もしその土地に家を建てた場合贅沢に見積もってどれくらいかかるかを聞きました。業者さんには一般的な家に少しこだわる部分の希望をかなえてもらい、トイレやお風呂も少し良いモデルを選んだと仮定して予算を見積もってもらいました。

結果見積もりが当初の主人に聞いた予算の範囲内であったので、最後の直感で気に入った土地は契約となりそこで家を建ててもらいました。
しかし、実際打ち合わせが始まりそれほどたくさんこだわる個所はなかったのですが見積もった予算に到達し、そこを突っ込むと予算はそのままでガラスを全て防犯ガラスにして頂けました。
家選びの際は業者さんが言われる予算はあくまで『最低』の予算なので、これ以上ないくらいの贅沢をした感じの予算を見積もってくださいとお願いすることをお勧めします。あくまでも私の経験上です。